2月 222016
 

看護師という仕事はここ近年手に職を得たい(資格を取得したい)という方で人気が出ている職業の一つです。その反面ですが離職率、転職率も非常に高い職業です。

一時期よりは若干落ち着いているとは思いますが依然として他職種と比べるとまだまだ高い離職率、転職率です。

私も四回転職をしています。

私も以前ほんの少しの期間ですが会社員の時がありましたがその時に入社した同期の多くはまだ働いています。その逆に勤務していた病院を訪ねて行くと一緒に働いていた人はほとんどいませんでした。

これは何を意味するかというと看護師の場合は離職する=転職するということなので転職(中にはそうではない方もいます)することで離職が多いと言えます。最初に就職したところで経験を積みキャリアアップしていくための離職、転職がとても多く見受けられます。看護師の約七割が一回以上の転職を経験しています。

これはいつまで続くかわかりませんが看護師がまだ売り手市場も関係しています。転職先がたくさんあるということですね。多くの方々は大きな志を持って看護師になっていきます。卒業時には慎重に就職先を選んでいるとは思いますがそれでも転職してしまうことがあります。

なぜでしょうか?もう少し詳しくお伝えしたいと思います。

看護師の離職・転職が多いわけ

看護師の転職、離職が多いわけはまず先ほどもお伝えいたしましたが転職先が見つけやすい転職先が多いということです。

看護師という資格は学校に少なくても二年間は通学しなければならず厳しい国家試験をパスしないとなれません。

誰にでもなれるという職業ではないのです。それに常に看護師が不足していて求人が多いということもあります。だから離職転職をしようとする看護師を受け入れてくれる医療機関が多いのです。

しかしその中には中堅看護師が多く現状に満足できなかったりスキルアップを求めて離職転職したりということも含まれています。中堅看護師になってくるとはっきりと自分のやりたいことや看護師としての欲求がわかってきます。

少しでも自分に合わない魅力を感じないと感じたら離職転職していくというパターンがあるからです。中には七回も八回も離職転職をする看護師もいます。一般企業に勤務する方たちと比べると離職転職率の高さがここにあったのです。

看護師が女性の場合が多いということ

最近は男性看護師がとても増えてきました(私が准看護師の学生の頃は一クラスしかありませんでしたが女子三十七名、男子七名でした)。とても嬉しく頼もしく思います。しかし看護師の場合約九割は女性です。

女性の場合は結婚、妊娠、出産、育児というライフステージがあります。このライフステージによってはやむおえず離職転職をしてしまう場合が多いです。このライフステージを迎える頃はやはり脂が乗り切った中堅看護師が多いのが目に止まります。そんなことも理由にあげられますね。

条件によっては例えば魅力的な職場だったり産休や育児休暇がある、院内保育所がある育児中のサポートがしっかりしているなどがあれば復職する看護師も少なくありません。病院側としてもそんな配慮や体制づくりが重要だと考えます。

キャリアのために収入アップのために

認定看護師、専門看護師、看護学士になりたいなど上位資格を取得する看護師も多く見受けられます。その多くはやはり中堅看護師ですね。そんな時は勤務する医療機関のサポート体制が良ければいいのですが悪ければそのまま退職をしてしまったり資格を取得後は他の医療機関へ行ってしまうということがあります。

そんな向上心をサポートしてくれるところなら中堅看護師の離職転職に歯止めをかけることができるのではないのでしょうか?

私も転職体験者です。その時期はやはり中堅看護師という時期にあったと思います。医療機関にとっては中堅看護師の離職転職は大きな問題となってきます。看護師側は嫌なことがあっても(人間関係など)転職先が容易に見つけることができるため我慢することはせず離職転職するということがありそれも大きな問題です。

受け手である医療機関側、看護師側双方がお互いに利益になるような働きやすい職場作りや看護師の離職転職に対する意識改革ができればいいなと思います。

看護師転職サイトが充実しているということも

また、看護師転職サイトが充実しているというのも転職率を高めている一つの理由となっています。

看護師は上記の通り転職が多いということもあり、また、年収も比較的高いため、看護師転職の仲介会社も多く存在し、大きなビジネス市場となっています。ですので、転職したいと思ったら転職サイトに登録するだけで簡単に希望の条件、課に転職することができます。(参考:おすすめの看護師求人サイト人気・評判ランキング

転職サイトはピンキリですが、私は「マイナビ看護師」という転職サイトにお世話になり、希望の条件、分野、課の病院に転職でき、そしてDMAT隊員になることができました。

参考:私が転職を成功させた方法【DMATになるまでの経緯について】

看護師転職サイトはピンキリですが、「マイナビ看護師」の様に本当に丁寧に対応してくれて質の高い会社もありますので、転職がしやすくなっているんですね。




夜勤で不規則な生活が続いている看護師さんへ

ER看護師の私が10年間愛飲している「青汁」をおすすめします。




転職活動中の看護師さんへ
より条件の良い職場に転職するためには、信頼できる優良な看護師求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。おすすめは以下の3社です。

1位 マイナビ看護師
CMでもおなじみのマイナビ看護師求人。他の会社では取り扱っていない非公開求人も多く、都市部だけでなく地方にも強いです。職場の状況等評判もチェックしており、面接対策、給与交渉もしてくれてとても頼りになります。本気で進路を決めたいならおすすめです。

2位 看護roo!
都心の求人案件に強い看護師転職サイトです。非公開の高待遇求人案件も多くそろえていますので、キャリアアップしたい方は登録しておくことがおすすめです。

3位 ナースパワー
沖縄・離島応援ナースなど、幅広い求人を取り揃えています。

良い条件の求人は人気が高く、すぐに募集が終わってしまいます。

今よりも条件の良い職場に転職するためには前もって転職サイトに登録し、あなたが求めている良い条件の求人が出るまでじっくりと探すことが必要です。

転職で給料や待遇をアップさせるためには前もって転職サイトに登録し、あなたの条件に合った求人を長期的に探してくことが必要です。

上記3サイトの中ではマイナビ看護師
が求人取扱数も豊富で給料・待遇交渉もしてくれますので特におすすめですよ。(いたずら防止のため登録後に看護師等の資格の有無の確認電話がかかってくるかと思いますのでご確認くださいね。)

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)