9月 222016
 

こんにちは。初めまして。ER看護師のヨッシーです。

今回は看護師人生における転職について改めて思いを書きたいと思います。

なぜ今回この記事を書いたかと言いますと看護師の人生において転職は切っても切り離せないイベントだからです。

最近私が勤務する病院で転職してきた方がいらっしゃいます。また私の友人で私の病院に勤務したいと相談もされています。

その逆に他の病院や施設に転職する看護師もいます。看護師の転職は多く見られます。

これが一般企業ならどうでしょうか?多少は転職の動きはあると思いますが看護師ほどではないと思います。

看護師の転職が多い理由としては働く場所があり求人が選ばなければ常にあるということです。

求人を出している病院も少なくありません。自施設で募集しても集まらなければ人材紹介会社を介して看護師を集めます(料金はかなりかかってしまいますが)。

看護師という職業はかなりハードで責任が重い職業です。その割には社会的にも認められているのに給料が安く少しでも働きやすくて給料がいいところを探し求めることができる環境があるということも挙げられますね。

今の現状と自分

皆さんは現在様々な病院や施設などで看護師として働いていると思います。現状に100%満足と行かなくてもまずまず満足しているという方もいらっしゃると思います。

その反対に「もう嫌だ早く辞めて次のところを探したい」という方もいらっしゃると思います。

仕事は生活のため家族のためとは言いますが嫌々ながら働いても長続きはしませんし辛くなってしまいます。仕事は楽しくしたいもの楽しければ忙しくったって少しくらい辛くても頑張っていけると思います。

目標を持って働くことも大切です。

この病院で認定看護師になる、病棟師長になる、DMATになる、お金を貯めて海外留学したいかた頑張って働いている、など目標はお持ちでしょうか?

今現在において看護師として働いているならただ漠然と働いているだけではもったいないような気がします。こんなに素晴らしい職業と出会い従事しているのですから。

ヨッシーはどうなんだよ?と聞かれそうですね。

私は夢にまで見たDMATの隊員になれましたし活動ができるのでとても満足しています(日々の学習は欠かさずしています!)。

私も何回か転職をして現在の職場に出会いました。

参考:私が転職を成功させた方法【DMATになるまでの経緯について】

これが私の現状です。皆さんはいかがでしょうか?

看護師は転職をすればいいのか?3年は我慢が必要?

昔のことわざで「石の上にも三年」という言葉があります。どんな嫌なことでも最低でも三年は我慢しないといけませんよという意味合いですよね。

でも私はこの言葉に反して一年半で転職した経験があります。

皆さんに転職したら三年間は絶対勤務しなければならないということではありません。

転職してすぐにその場所で看護師として花開くわけではなくそのくらいの年月を過ごせばそこでのスキルを高めたり学習していけば自分の良さやその病院の良さがわかってくると思います。

短期間で転職を繰り返すと履歴書に書かなければなりません。本当に勤務したい病院と出会えた場合面接で試験官に根掘り葉掘り聞かれるのは間違い無いでしょう。

どんなに優れた看護師でもどんなに素晴らしいスキルや資格があっても試験官の印象としては「うちの病院に就職してもどうせすぐ辞めてしまうだろうな。」ともたれてしまいます。

ここで何が言いたいかというと安易な転職はしないほうがいいということです。もちろん目標があって目的があれば良いのですが例えば給料が安い、人間関係が最悪、看護部長が嫌いなどどこにでもあるようなことですがこれらのような理由で転職をしてしまうと転職先で同じようなことがあった場合またそれに負けてしまい結局嫌になり転職を繰り返すということになりかねません。

これは私自身の経験でもあり一般論でもあると思います。

転職したいと思ったら、遺恨を残さず転職するのが一番

すぐ行動して転職!?それはとても浅はかな行動だと思います。

なぜ転職したいのか?よく考えてみましょう!転職するにしても準備段階を踏んでいかないと思います。

また転職したいと思っても現勤務先に迷惑をかけてしまうことはいけません。

「転職したいので明日から仕事に行きません」といことをする看護師さんはいないと思いますが、これはもってのほかですよ。

私は看護師をする前に○○電力の下請けの会社に実は半年間勤めていたことがありました。私の性格というのは新しい環境に慣れるまで時間がかかるという性格です。

その慣れるまでの間に仕事や人間関係が肌にどうしても合わず半年で辞めてしまいました。その辞め方というのは非常識きわまりないものでした。辞めたいと進言したのですが勤め始めたばかりだからもう少し頑張るように言われたのです。

すごく親切で思いやりのある言葉をかけていただいたのにもかかわらず私の中では「もう会社に行くのももう嫌だ」と思ってしまい出社しなくなってしまいました。

しばらくして当時の上司から実家に連絡があり(一人暮らしをしていました)実家から私に連絡があり、辞表と会社にある私物を取りに来るように言われました。

出社した時に上司から「だらしない、本当にだらしない」と言われてしまいました。今思うと非常に恥ずかしいのですがその時は「嫌なところから離れられてラッキー!」とくらいにしか思いませんでした。

私の経験からも連絡なしに休んでしまいそのままこなくなってしまう看護師さんを見かけたことがあります。

その度に過去の自分と重なってしまい、当たり前の話ですがとてもいけないことなんだよと伝えたくなってしまいます。

長々となってしまいましたが退職したい転職したいと思ったらまず現勤務先には迷惑をかけないで円満に退職してほしいということをお伝えしたかったのです。

転職が全てか?転職をしなければならないのか?

私は看護師になってから四回転職を繰り返しました。どの病院にも長く勤務している看護師さんもいらっしゃいます。私はそんな看護師さんのことを心から尊敬しています。

同じ病院に長く勤務する看護師さんは少なく転職する看護師が多い中、出来ることではありません。

その病院で働く事情というものがあると思います。

しかしその中で自分の夢や目標を達成した方達なのかな?と自分の中で思います。そして困難や難しいことを乗り越えてきて今の自分があるという風に見えてしまうのでとても眩しく感じます。私もいつかはそんな眩しく尊敬される看護師になりたいと思っています。

転職の方法を考えたことはありますか?

転職を推奨しているわけではありません。しかし目標があって目的がある転職ならアリかなと私も思っています。看護師が多く転職できるチャンスがあることにこの職業資格にまず感謝しましょう。

現在は情報戦です。情報を制するものが良い転職をゲットできる。決して過言ではありません。

次の転職先では何がしたいのか?どのような資格や学習しスキルをアップしたいのか?それに見合った転職先であるところを探すと思います。

それに沿って病院のホームページなどを閲覧するのもいいでしょう。今はほとんどの病院はホームページを開設しているところが多いです。気になるところや質問があった場合電話ではタイミングが難しく躊躇してしまう方も多いと思います。

メールなどで気軽に聞いてみてもいいと思いますよ。そして見学など申し込んで実際に肌で感じてみる方法もいいでしょう。

知り合いが勤務しているなら直接、今の職場の状態を聞いても大変参考になります。

ハローワークでも探すことができます。しっかりとした機関が紹介と斡旋しているのでブラック企業ならぬブラック病院というものはないと思います。

そして今沢山ある看護師転職専門に取り扱う人材紹介会社があります。ヨッシーは現在の病院に勤務することができたのはこの人材紹介会社のおかげです。

看護師の人材紹介会社とは何か?

ご存じない方はいらっしゃらないと思います。しかしその存在を少しでもご理解いただきもし活用しようと思った時に思い出していただければ幸いです。

病院など自施設で看護師を求人した場合に思うように集まらないということがあります。また費用もかかる割には人材が集まらないということも発生してしまいます。また時間もかかってしまいます。

そこで人材紹介会社のニーズが出てくるのです。どのくらい前からこの人材紹介会社が出てきたのかは定かではありませんが素晴らしいところに目をつけたなという印象が私の中にはあります。

利用の方法をお伝え致します。

今はインターネットで看護師の人材紹介または看護師転職というキーワードで検索すれば必ず出てきます。

人材紹介会社でも特色があります。一般病院に特化しているところ老人施設に特化しているところなど自分の目的にあった人材紹介会社を選んでみます。わからなかったら問い合わせしてみましょう。ホームページなどで簡単に登録ができるようになっているので連絡先を登録していれば連絡は必ず来ます。

ほとんどの人材紹介会社はオフィスがありそこで看護師免許や履歴書を確認しもちろん人物像も見られますが面接試験ではないので気軽に応募できます。その時に自分の希望や考え方をはっきりと伝えましょう。

ぴったり合うとまではいかなくても条件に近いところは紹介してくれるはずです。転職活動を手伝っていただける人材紹介会社はプロです。病院の細かい情報を持っています。

例えば人間関係とか看護部長はどんな方なのかまで把握していることもあります・自分自身ではそこまでの情報は入手できません。あと交渉は全て人材紹介会社でやってくれます。面接の日取りまで決めてくれます。

私の場合はなんと面接で聞かれる内容まで把握していて少しカンニングみたいでしたがお陰で落ち着いて面接試験に臨むことができました。当日も病院まで付き添ってくれましたよ。すごくこころ強かったのは今でも忘れることができません。結果は見事採用でした。

転職したい看護師の利用は無料ですが看護師を紹介して採用まで行けばそこで初めて紹介を受けた病院は人材紹介会社に料金が発生するのです。かなりの金額みたいですが紹介を受けた看護師がその病院で戦力になれば病院の利益になるので長い目で見れば病院側の得になるそうです。

私がお世話になったのはブログでもご紹介させていただきましたがマイナビ看護師というところです。今でもそのエージェントの方たちとはメールですが、近況など時々お話することがあります。

参考:おすすめの看護師求人サイト人気・評判ランキング

転職するのはいつか?今でしょ

繰り返しになってしまいますが目標や目的があって転職がしたいと思うならまたその転職先でそれらが達成する可能性があるまたはできると思ったならば転職を考えてもいいと思います。きっと伸びると思いますしそれが間違いなく患者さんにとって利益につながると解釈することができるからです。

私たち看護師の最終目標は何でしょうか?

社会貢献のため患者さんのためと私は考えています。そのための転職だったら大いにしてもいいと思います。

まとめてみますと目的、目標がある。安易な転職ではない安易な考えでの転職ではない、現在の職場に迷惑をかけずに円満に退職することができる。看護師の転職環境に感謝する。良い転職先を見つけることができる。

情報を入手することができる。良い人材紹介会社と出会うことができる。いろいろな条件や考え将来の希望や夢があるなら(看護師なら持つべきです。看護師としての生きがいを持つことができます)進んでいきましょう。私も素晴らしい職場と出会えてDMATの隊員になるという夢を叶えることができたのですから皆さんだって必ずできるはずです。

転職をしたいなら夢や希望も持ちましょう。大いに原動力になるはずです。私も夢や希望を原動力として転職しました。これは大いにプラスになりました。そして現在の自分が存在しています。

転職することに何が見えましたか?将来に対してのビジョンを見ることができたでしょうか?そんなものたちが感じたり見えたりしたならば転職は成功すると思いますし成功するでしょう。逆の場合もあります。とにかく慎重に後悔してからでは遅すぎます。

私はおかげさまで良い転職ができたことを感謝しています。ここまで自分が将来に対する思いに近づけるあるいは近づけたことができるなんて思いませんでした。

ほんの小さな思いが大きな夢の実現へとつなげることができた。今回の転職は全てにおいて良かったと思っています。

転職することが全てではありませんが皆さんが私と同じ思いで将来を見据えることができる可能性が高いなら転職するのはいつか?今でしょ!(笑)。




夜勤で不規則な生活が続いている看護師さんへ

ER看護師の私が10年間愛飲している「青汁」をおすすめします。




転職活動中の看護師さんへ
より条件の良い職場に転職するためには、信頼できる優良な看護師求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。おすすめは以下の3社です。

1位 マイナビ看護師
CMでもおなじみのマイナビ看護師求人。他の会社では取り扱っていない非公開求人も多く、都市部だけでなく地方にも強いです。職場の状況等評判もチェックしており、面接対策、給与交渉もしてくれてとても頼りになります。本気で進路を決めたいならおすすめです。

2位 看護roo!
都心の求人案件に強い看護師転職サイトです。非公開の高待遇求人案件も多くそろえていますので、キャリアアップしたい方は登録しておくことがおすすめです。

3位 ナースパワー
沖縄・離島応援ナースなど、幅広い求人を取り揃えています。

良い条件の求人は人気が高く、すぐに募集が終わってしまいます。

今よりも条件の良い職場に転職するためには前もって転職サイトに登録し、あなたが求めている良い条件の求人が出るまでじっくりと探すことが必要です。

転職で給料や待遇をアップさせるためには前もって転職サイトに登録し、あなたの条件に合った求人を長期的に探してくことが必要です。

上記3サイトの中ではマイナビ看護師
が求人取扱数も豊富で給料・待遇交渉もしてくれますので特におすすめですよ。(いたずら防止のため登録後に看護師等の資格の有無の確認電話がかかってくるかと思いますのでご確認くださいね。)

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)