12月 212014
 

看護師という資格を国家試験を受験し合格したら看護師として働けます。

でもその資格は日本国内のみにおいて有効です。外国に行き看護師としては働けずもし外国で医療行為を行えば違法になってしまいます。

では、もし外国で働きたい場合はどうすれば良いのでしょうか?今回は海外看護師として働く方法について書いてみます。

アメリカで看護師として働く方法

言葉の壁がないので、日本国内において看護師として働くのはなんら問題はありませんよね。

でも、アメリカでは英語を話さなければなりません。一般的な日常会話から医学英語までこなさなければなりません。しかも、医療で使用する言葉はややこしいばかりではなく難しくなります。

アメリカで働くためにはTOEFLCGFNS(外国人に対する看護の試験)に良い成績を収め合格することが各州の規定により必要です。さらに看護師准看護師かの試験が課せられます。

その試験に合格し、働く州で登録することで看護師として働く資格を得ることができます。移民として働くのですから就労ビザが必要で働く病院にスポンサーになってもらいます。

また、日本でも専門看護師や認定看護師といった上の資格もありますが、アメリカでも同様に上級実践看護師という道があります。その一つとして今日本でも話題になっているナースプラクティショナーがあります

ナースプラクティショナー(PN)とは

一般の看護師は患者さんのケアプランを作成し、それに沿って看護行為を看護補助者に指示を出し行います。ナースプラクティショナー(PN)は日本の看護師では法律で禁止されている診察や処方箋の発行ができます。(医師より処方できる範囲は限られます。)その他にも高度な医療処置ができます。

しかし、ナースプラクティショナー(PN)になるためにはたくさんの経験を積み重ね専門の大学院に進学し卒業、資格試験に合格しなければなりません。高度な医療行為を行うことができる反面危険も伴い責任も重大です。高額な賠償責任保険に加入する必要があります。

その他にも上級実践看護師はCRNA(麻酔看護師)、CNM(助産師)、CNS(クリニカルナーススペシャリストなどがあります。

アメリカでの看護師の仕事の特徴

日本では一度国家試験に合格すれば生涯有効で様々な職場を選んで働くことができます。免許の更新や使えない場所を選ばないので転職や再就職がとてもしやすいです。一方、アメリカでは州により規定がたくさんあり実践できる範囲が異なります。例えばアリゾナ州で働いていたがそのままカリフォルニア州に引っ越して看護師として働く場合は新たに登録されたり試験を課せられます。

また、日本なら埼玉県でも東京都でも看護師の資格を有していれば国内のどの医療機関で雇用があれば働くことがきいます。一方、アメリカでは外国からの移民ナースも多いため病院経営の状態や経済下降期には受け入れを制限されてしまいます。

給料は高額ですが、そういったデメリットもあります。

PNは開業や診察、一部とはいえお薬の処方ができます。高度な医療処置を行いますが高額な賠償責任保険の加入も義務づけられます。日本では任意ですよね。任意でも加入はしておきましょう。

万一の事はあってはなりませんが自分身を守るためです。看護師として期待と不安に胸を膨らませている時期でしょう。将来に向かって道はどんどん進んでいきます。自分が止まっていても医療や看護は進歩しまた自分も進歩しなければ看護師としての成長はできません。

認定看護師、専門看護師、看護学士、PNをめざすのも大変ですが意義があると思います。高度な技術を身につけて外国へ行き生きていくのも看護師としていいと思います。まだ道は始まったばかりですが少し変わった働き方として今回はアメリカになってしまいましたが外国で看護師としての働き方をお伝えいたしました。

これをお読みになって外国でチャレンジしたいと思う方がいらっしゃたら嬉しい限りです。

実際に働いた体験談の記事「日本人の看護師が海外で働いた時の体験談」も参考にしてくださいね。




夜勤続きで健康に不安を感じている看護師さんへ

ER看護師の私が10年以上飲み続けている青汁をおすすめします。




転職活動中の看護師さんへ
より条件の良い職場に転職するためには、信頼できる優良な看護師求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。おすすめは以下の3社です。

1位 マイナビ看護師
CMでもおなじみのマイナビ看護師求人。他の会社では取り扱っていない非公開求人も多く、都市部だけでなく地方にも強いです。職場の状況等評判もチェックしており、面接対策、給与交渉もしてくれてとても頼りになります。本気で進路を決めたいならおすすめです。

2位 看護roo!
都心の求人案件に強い看護師転職サイトです。非公開の高待遇求人案件も多くそろえていますので、キャリアアップしたい方は登録しておくことがおすすめです。

3位 ナースパワー
沖縄・離島応援ナースなど、幅広い求人を取り揃えています。

良い条件の求人は人気が高く、すぐに募集が終わってしまいます。

今よりも条件の良い職場に転職するためには前もって転職サイトに登録し、あなたが求めている良い条件の求人が出るまでじっくりと探すことが必要です。

転職で給料や待遇をアップさせるためには前もって転職サイトに登録し、あなたの条件に合った求人を長期的に探してくことが必要です。

上記3サイトの中ではマイナビ看護師
が求人取扱数も豊富で給料・待遇交渉もしてくれますので特におすすめですよ。(いたずら防止のため登録後に看護師等の資格の有無の確認電話がかかってくるかと思いますのでご確認くださいね。)

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)