7月 252015
 

ブラック病院に勤務しないためには事前にブラック病院の見分け方を知っておく必要があります。

今回は産婦人科クリニックでのブラック病院勤務の体験談を紹介します。参考にしてください。

自己紹介

私は現在2歳、0歳の子供を持つ育児休業中の看護師です。普通高校、看護専門学校と進み産婦人科がメインの個人病院で病棟看護師として3年半働きました。結婚のため県外へ引っ越し、再就職したのがこのブラック病院(クリニック)でした。

ブラック病院の概要

この病院は某県の産婦人科クリニックで13床の入院施設がありました。姉妹で院長、副院長をしていて、すべてのスタッフが女性ということで、アットホームな病院とパンフレットではうたっていました。

なぜ、この病院に就職したのか

前述のとおり、結婚の為に初めてこの県に来ました。ハローワークを利用してこのクリニックを見つけました。産婦人科希望だったので、いくつか候補を選びましたが、自宅から近いと言う理由でここに就職しました。

ブラック病院の実態 医療物品の使い回し

まず、医療物品を使い回してました。注射器はディスポーザブルではなくガラス注射器。しかも黒ずんでおり、とても古かったです。そして医師や私たちが使う手袋も診察後にバケツに入れ、それをスタッフが洗って干して再利用してました。産婦人科の診察は内診が多いので血液や体液が付着してます。それを洗い処理するのが日常でしたが、苦痛でした。

あと、点滴やバイアルのチェックでは、使用期限が切れているものが多くありました。古いもので1993年がありました。先輩看護師に伝えましたが、「先生は知っているから大丈夫」とのことでした。大丈夫って何がでしょう。リストを見てみると使用期限を過ぎた薬剤を使われた患者さんもいました。

医師の都合で患者の治療を早める

物品だけではありません。医師も問題でした。どちらの医師も子供を持つ母のため、食事作りや塾への送り迎えなど夕方は忙しいのです。夕方にお産があると、お産を早めていました。「ちょっと進みが悪いからお手伝いするね」と言って、陣痛促進剤のスピードを速めたり、お腹を押して赤ちゃんを押し出したりしてました。そのようなことをしなくても問題なく進む産婦さんだったと思います。産婦さん達はわからないと思いますが、医師たちの都合でコントロールされていました。

サービス残業も日常

あとはスタッフも少なかったので勤務は激務でした。勤務時間の1時間以上早く行き、サービス勤務をしなくてはなりませんでした。もちろんで定時帰れるわけでもありません。勤務終了時間になるとその勤務帯の経験年数が上の人がタイムカードを全員分打ちます。そのあとは当たり前のように残業に入るのです。

今も働いているのか、退職しているのか、理由について

現在は休業中ですが、実際は入職して2か月で辞めました。ちょうど主人の転勤が来たのでそれを理由に退職しました。でももし転勤が来なかったらなんと言って退職したのか考える時もあります。

事前にブラック病院を見分けるためには

やはり口コミサイトで病院の情報をチェックすることが必要だと思います。大手の口コミサイトを見ることも大切です。特に転職サイトの「マイナビ看護師」は産婦人科も含めて全国の病院の評判、口コミの情報が充実しており、転職前に職場の雰囲気、ブラック病院ではないかをチェックでき、評判が高くおすすめです。

その他、2ちゃんねるの様なローカルのサイトの方が色々書いてあるかもしれません。実際に退職した後に見てみたら、批判の声が患者様から上がっていました。最初にそのサイトを見つけていたら、就職の候補に挙がっていないはずです。

ブラック病院に入らないために看護師さんへアドバイス

ブラック病院というのは自然と離職する人が多い病院になってくると思います。離職する人が多い病院は常に人員を募集しています。実際に退職後に求人の動向を見てみたら、そのクリニックは常に看護師を2人以上募集していました。ハローワークでは今までの求人の情報や実際に現場で働いた人の声など、ネットではわからない情報を聞くことができるため、活用することをお勧めします。

あとは上にも書いたように口コミなどネットを使ってその病院の評判をチェックすることも大事だと思います。様々な情報を集めて自身が納得した状態で就職出来ることを願っております。

転職でブラック病院に入らないためには転職サイトの「マイナビ看護師」を利用することをおすすめします。(参考:おすすめの看護師求人サイト人気・評判ランキング

「マイナビ看護師」は内部情報にも詳しく、離職率や口コミ情報からブラック病院ではないかチェックすることができます。人間関係も良く、雰囲気の良い職場を探している方には特におすすめです。

無料登録は以下よりどうぞ
病院の口コミをチェック マイナビ看護師




夜勤続きで健康に不安を感じている看護師さんへ

ER看護師の私が10年以上飲み続けている青汁をおすすめします。




転職活動中の看護師さんへ
より条件の良い職場に転職するためには、信頼できる優良な看護師求人サイトに登録し、いい求人が見つかるまで長期的に探し続けるのが転職成功のコツです。おすすめは以下の3社です。

1位 マイナビ看護師
CMでもおなじみのマイナビ看護師求人。他の会社では取り扱っていない非公開求人も多く、都市部だけでなく地方にも強いです。職場の状況等評判もチェックしており、面接対策、給与交渉もしてくれてとても頼りになります。本気で進路を決めたいならおすすめです。

2位 看護roo!
都心の求人案件に強い看護師転職サイトです。非公開の高待遇求人案件も多くそろえていますので、キャリアアップしたい方は登録しておくことがおすすめです。

3位 ナースパワー
沖縄・離島応援ナースなど、幅広い求人を取り揃えています。

良い条件の求人は人気が高く、すぐに募集が終わってしまいます。

今よりも条件の良い職場に転職するためには前もって転職サイトに登録し、あなたが求めている良い条件の求人が出るまでじっくりと探すことが必要です。

転職で給料や待遇をアップさせるためには前もって転職サイトに登録し、あなたの条件に合った求人を長期的に探してくことが必要です。

上記3サイトの中ではマイナビ看護師
が求人取扱数も豊富で給料・待遇交渉もしてくれますので特におすすめですよ。(いたずら防止のため登録後に看護師等の資格の有無の確認電話がかかってくるかと思いますのでご確認くださいね。)

 返信する

以下のHTML タグと属性が利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

(required)

(required)